忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
引きこもり―無気力
「やる気がない」
「積極的に何かをしようとしない」
「何もする気がおきない」など
これらの状態を『無気力』という

しなければいけない
これではいけない
なんとかしたい
このままではダメだ

頭では分かっているのに体が動かない
「よし、明日は頑張ろう!」
と思っているのに、いざ、その日になると
「まあ いいか」
と動かない
これの繰り返し
いわゆる【引きこもり】だ

これは
動因となるものがない
目標となるものがない
と言える
つまり
「欠如の」がないから

「欠如の穴」とは?
「無い」の認識のこと
例えば
1.お腹がすいた=空腹=欠如の穴
2.食べたいと思う=何か食べたい=欲望を持つ
3.冷蔵庫を開ける・コンビニ(スーパー)へ買いに行く=行動する
4.満腹=空腹が解消=満足

このように
「欠如の穴」を認識することが
欲望を持ち、行動へと人を駆り立てる

無気力な人の場合は
この【欲望】が湧いてこないから行動しないのだ
その根底には
【欠如の】の認識が無い
それを突き詰めてゆくと
最初の【満たされた状態】があることが必須となる
満たされた状態=穴がない
これがあるから「欠如」が認識できる

まずは「満たされた体験」が必要
次に「欠如の認識」
なければ作ればよい
そうすれば
必然的に「欲望」を持つに至る
欲望を持てば「行動」が生まれる
つまり
引きこもり状態の解消となる

興味をもたれた方は
精神分析的子育て法 http://signifiant-lab.com/raise/
摂食障害―リストカットhttp://signifiant-lab.com/eatingdisorder/
も参照ください。
PR
【2012/04/02 10:11 】 | 子育て | 有り難いご意見(0)
<<時間を潰すことは未来を潰すこと | ホーム | 新年度のスタート >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>