忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/12 03:48 】 |
371)過食嘔吐の幻想(摂食障害)

シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の真道満喜(しんどうまき)です。
精神分析という対話療法で自己(無意識)を知り、必要に応じて書き換えませんか。
そうすれば、不安は安心に変わり、生きる希望が湧き、しあわせ入れ放題・つかみ放題だと実感することでしょう。

今日は、「過食嘔吐の幻想」 について考えてみます

これらはまとめて「摂食障害」と呼ばれています。
以前、ブログでも摂食障害=接触障害だと書きましたが、今回は「過食嘔吐の幻想」について書きたいと思います。

結論からいうと、過食嘔吐の人は≪空っぽなのにいっぱいある≫という幻想抱いています。
そもそも過食嘔吐を繰り返す人は、内的空虚感を持ち、それを埋めるために食という手段を使っているといわれます。
つまり、心=胃に置き換えて表現しているということです。

空っぽだから取り入れたいとの欲望が湧き、一気に満腹になるまで食べます。 
ホッとするのもつかの間で、そんな自分を責めて自己嫌悪に陥り、一気に吐き出そうとします。
それが「過食嘔吐」です。口に指を突っ込んだり、水を多量に飲んだり、下剤を飲んだりします。
これらの行為をストップするために考えられる方法は二つ。

一つは空虚を埋めること。
もう一つは空虚を知りそれを食以外の方法に置き換えること。

まず「空虚を埋めること」ですが、これは不可能です。
なぜなら「内的空虚感」とういうのはその人の心が感じていることなので、何ものによっても埋めることはできません。
では二つ目の方法、空虚を知り食以外の方法に置き換えること。
これは可能ではないでしょうか。
これには二段階あります。

まず、内的空虚感を抱いていることを知り、それを認めること。
次に、食をどのような方法に置き換えるかです。
そうすれば過食嘔吐という症状は消えることでしょう。

これらは精神分析という方法で実現可能です。

以上から分かるように、過食嘔吐する人は内的空虚感を持ち、それを食行動で置き換えている人であり、その人が抱く幻想は「空っぽなのにいっぱいある」となるのです。

「過食嘔吐」に興味を持たれた方はお問い合わせください。
精神の構造を理解するための講座もあります。
シニフィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/

やさしい精神分析講座講座はhttp://signifiant-lab.com/#11
より詳しく知りたい方はインテグレーター養成講座http://signifiant-lab.com/#13



PR
【2014/04/24 15:46 】 | 子育て | 有り難いご意見(0)
<<372)失恋-男と女 | ホーム | 370)4月度関西出張のお知らせ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>