忍者ブログ
  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.02
信じること
人を信じるとは?
文字通り、その人の言うことを信じること

行動を見て、言う事とすることが一致しているから信じる
一致していないから信じられない
というかもしれない

それは
人の言うことを信じたけれど、裏切られたことがあるからだろう
裏切られたことがなければ
その人の行動を見なくても、言ったことを信じるだろう
つまり
言行一致を見ないと信じられないという人は
かつて、誰かに裏切られたことがあったのではないだろうか?

人を信じることとは
その人の言うことを信じること
つまり
言葉(言語)を信じることでもある

言語を信じるからこそ
自分もその言語を使って、人と対峙する
そして
その人が語った言語を信じる
その人を信じるのだ

言語を信じられない人は
人に裏切られ、傷つき
『もう二度と人の言うことを信じない』
と心に決めた人だろう
それほど
裏切られ続けてきたのだろう

だから
人を信じない、言語を信じようとしない

「金は人を裏切らない」
「ペットは裏切らない」
と言うのだろう

人は言語を使って騙すこともある
言語一つのために「命」を賭けることもある
言語一つのために、人は死ねる
だけど
言語一つで、生き返ることもある
言語一つで、元気が湧いてくることがある
言語一つのために、立ち上がれる
言語一つで、どのような苦難をも乗り越えられるのだ

それほどの力を持っている
ならば
その言語の力を生かそう!
言語を疑うよりも、信じて生きよう!!
人を信じよう!!


シニフィアン研究所はこちら http://signifiant-lab.com/
PR
【2012/03/07 18:25 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<否定は全てを無化する | ホーム | 『死』が刻印するもの >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>