忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
女は時には子どもを利用する

女は子をなすことができる。
体内で創り出せるものということでは「子ども」も「糞便」も等価と言える。
精神分析的には「糞便」は母への贈り物との意味をもつ。
母のおっぱいが形を換えたものだから。
母の無意識は産む子どもの性別までコントロールできる。
 
女が子どもを妊娠する理由にはいくつかの要因がある。
「私は母からどのような眼差しで見られたのだろうか?」
つまり
「母に愛された、必要とされた存在かどうか?」を知りたいと思ったとき、子どもを欲しくなる。
その人は自分と同性の女の子を産む。
なぜなら、自分がわが子を初めて見たときの眼差しが
母が自分を見た眼差しに重なるからだ。
わが子を「可愛い」と感じたなら、母も自分を「可愛い」と感じてくれたに違いないと思える。
逆に「可愛い」と思えなかったなら、そのような眼差しだったと感じることだろう。
このように女は子をなすことで確かめられる。
もし、母が自分をどのような眼差しで見たか、特に憎しみの眼差しだと確信している人は
子をなすことをしないだろう。
なぜなら、確かめなくても自明だからだ。
 
男性を自分に繋ぎ止めるために妊娠する場合もある。
複数の女性と競合している場合、
自分から心が離れていってしまうかもしれないと不安になった場合、
自分のことを愛してくれているのかを確かめたくなったとき
そんな時「妊娠」することで相手の反応を確かめる。
 
自分を必要としてくれる存在を欲しいと思っている人。
この場合は、子どもが2歳を過ぎて言葉を覚え「イヤ」と言い始めたら
次の子を妊娠する。
 
このように意識的にも、無意識的にも
女は「子をなすこと」を利用する場合がある。
母となった人は「自分はどうして子どもを欲しいと思ったのだろうか?」
と自問してみてはどうだろうか?
もちろん、そのことの是非を云々するつもりはない。
臨床上、こういったことが見えてくる場合があるから書いたまでである。
 
 
Φ シニフィアン研究所のHPはこちら   http://www3.ocn.ne.jp/~desire4/
PR
【2011/08/02 11:34 】 | 子育て | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<人見知りをする | ホーム | 疾病利得-病気や怪我も一つのメッセージ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>