忍者ブログ
  • 2017.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.04
戦場の戦士
今や、子どもたちも戦場の戦士だ
そのように感じる
かつて
「男は一歩外に出れば、7人の敵がいる」
そのように言われた時代があった

それが今や
女性も子どもも社会と言う戦場で戦う戦士となった
大人はそれでも良いかもしれない

子どもはどうだろうか?
子ども時代から、大人世界に生きるのはどうだろう?
子どもは
わがままで、気ままで、大人の言う事は聞かない
自己中心的で、自分のことしか考えない
これが特徴ではないのか?

それが幼少期から
相手の事を考えることを強要される大人世界に参入する
塾だけでなく、数限りなくある「習い事」然り
メディア世界への進出は、すさまじいものがある

子ども時代に、子どもを堪能すること
つまり
わがまま、気まま放題を楽しむ時を持つこと
満足を味わう事
好きなことに没頭する体験をすること
たとえそれがゲームであっても良い
自己中と冒険の時間を持つこと

大人から見て「くだらない」「つまらない」「何の役にもたたない」
そのように思えることでも良い
没頭する体験

子どもを戦士にしてはいけないと思う
戦場の戦士にしてはいけない
戦士に心の安らぎは許されないのだから
何より
「安全と安心」が必須事項
安全と安心はPTSDの人にとって最優先的に必須のもの
戦士にはそれがない

子どもを戦士にしてはいけない!!
子どもにPTSDの種を蒔いてはいけない
安心と安全の衣で包んでやらなければならない
それが大人たちの責務だ
親としての責任でもある

親として子どもに何をすれば良いか?
勉強会をしています
興味のある方は
シニフィアン研究所 むかいあい までどうぞ
http://signifiant-lab.com/raise/
PR
【2012/02/26 13:00 】 | 子育て | 有り難いご意見(0)
<<寄り添うこと | ホーム | 言葉の刃>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>