忍者ブログ
  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.02
229)子どもはお母さんが好きなものが好き
シニフィアン研究所(埼玉県上尾市)の迎意 愛(むかい あい)です。
精神分析で心身の悩み相談をしています。
 
今日は「子どもはお母さんが好きなものが好き」について書きたいと思います。

まず質問です。
あなたが好きなもの(こと)は、何ですか?
好きになったきっかけは何ですか?
誰かの姿や様子を見たのがきっかけではありませんか?
例えば
食べ物なら「美味しそうだったから」「いい匂いがしたから」
スポーツなら「楽しそうだったから」
仕事なら「やりがいがあると思ったから」「活き活きしていたから」
遊びなら「面白そうだったから」
洋服や装飾品なら「かっこよかったから」「キレイだったから」などなど

この基本は「真似る」だと思います。
たいていの人は、好きな人、興味がある人の「真似」をしたいと思うでしょう。
大人でもそうですから、子どもなら当然です。
大好きな人(=お母さん)の真似をしたいと思うでしょう。

「どうして音楽をしようと思ったのですか?」との質問に
あるアーティストは
「小さいときからいつも側にあったんです」
「親がやっていて、自然と覚えたんですよ」と答えていました。
常に側に真似る対象があった=環境があった
と言えるのではないでしょうか?
親が楽しそうにしている姿を見て、自分もやってみたいと思う。
これが、最初のきっかけではないでしょうか?
 
こどもの年齢が小さければ小さいほど、この傾向が大きいのは言うまでもないでしょう。
子どもは「真似る」のが得意です。
お母さんがしていることを真似ます。
お母さんが楽しそうだったら、子どもにも楽しいと伝わるでしょう。
このことから
子どもに何かを教えたいと思ったなら
まず、お母さんがそれを楽しみましょう。
そうすれば、必ず子どもさんも真似るでしょう。
「ママ、これ好き?」と聞きます。
「そうよ、ママこれ大好き」と答えましょう。
そうすればきっと「ぼく(わたし)もこれ大好き」と言うことでしょう。
子どもはお母さんが好きなものが大好きになるのです。
なぜなら、子どもはお母さんが世界で一番好きだから。
 
ところが、もし
「私は、母が好きだったことは嫌いです。」
という人がいたら、どうして?と思うでしょう。
次回、書いてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お知らせ
シニフィアン研究所では「すぐに役立つオールOK子育て教室」をしています。
2人以上集まれば、ご希望の場所まで出かけます。
詳しくはこちらを参照ください。http://signifiant-lab.com/#10
PR
【2012/06/26 09:55 】 | 子育て | 有り難いご意見(0)
<<230)怒りの基は母の愛 | ホーム | 228)子育ては「待つこと」から>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>