忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
「生々しいもの」と「おぞましいもの」
「訳わかんな~い」
という言葉をよく耳にする
ほとんどが、若い女性

表現の仕方はともかく
「訳がわからないもの」とは?
『なんと言ってよいかわからないもの』
つまり
言葉で表現できないもの
理由付けできないもの』である

理由付けできないものは、言語で説明できないものでもある
これらは
どのように心の中に意味づけされているだろうか?
それは
気持ち悪い】である
この【気持ち悪い】と感じるものは
その人の中では、まだ一度も言語化されていないものである

一度も言語化されていないものは、時空を超えて永遠に生き続ける
遠い過去のことであっても、まるで昨日のことのように思い出す
その代表が「トラウマ(心的外傷)」であろう
それらは
生々しいもの】【おぞましいもの】として
その人の心の中で、永遠に生き続けている
そして、時にはフラッシュバックしてくる

そうすれば、過去のものとなるのだろうか?
それは
言語化すること=言語で説明すること
そうすれば
【生々しいもの】【おぞましいもの】は過去のものとなり
インデックスをつけられ、他の記憶の片鱗となるだろう
精神分析はその「言語化」する方法である

興味をもたれた方は
シニフィアン研究所 トラウマ(心的外傷)を参照ください
http://signifiant-lab.com/trauma/
PR
【2012/04/24 22:44 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<甘えるとは?-大人の会話とは? | ホーム | マイナス思考からプラス思考へ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>