忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
自分の価値ー女子高生のぞき部屋を一斉摘発
女子高生のぞき部屋を一斉摘発】
このようなニュースを見た

そのことの是非は言うまでもないことだが
レポーターが街の女子高生にしたインタビューが気になった

レポーター
『あなたはこのニュースを聞いてどう思いますか?』
返答
・女子高生A
『そんなことまでしてお金が欲しいのかな!』
・女子高生B
『別に抵抗ない、自分に価値がある(=自己価値感)んだなって、アハハ・・・』

当然、気になったのは女子高生B
冗談で言ったのかもしれないし、
インタビューされたノリだったのかもしれない
しかし
たとえそうだったとしても
「のぞかれることでお金をもらえる」
そのことで「自分に価値がある(=自己価値感)」
と考えることに引っかかったのだ

男性に下着を見せることでお金がもらえる=自分に価値がある
逆に考えれば
このようなことにしか、自分の価値を見出せないのだろうか?
との疑問を抱いたのだ

自己価値感とは
自分は生きるに値する人間であると思えること
男性に下着を見せることで、
「自分は生きるに値する人間である」
と意味付けるということになる

自己価値感」は
自己肯定感」と「自信」と共に
【自己愛の3大構成要素】である

自己愛
1)他者から愛されているという自信
2)自分が他者を愛することが他者からも喜ばれるという確信
3)このようなエロス的交流をその一致を経験しうるものだという希望
4)これらが、現実の経験としての裏付けを持っている
5)基本的信頼によるアイデンティティー(自我同一性)
6)他者と自分自身に対する信頼を抱き続けて生きる
7)能動性と相互性への信頼を、社会へと拡大できる
このような時間と体験の下に培われてゆくものだと言われている

この観点から言うなら
この女子高生Bの【自己愛】は
非常に貧弱で低いと考えられる

この女子高生Bだけが特別ではない
ほとんどすべてての子どもや大人までが
自己愛の傷つきと修復」を求めている気がする
それを
改めて痛感させられるニュースだった

自己愛を高めることに興味をもたれた方は
シニフィアン研究所のHPを参照ください
近日中に、新たな項目「トラウマ(心的外傷)」をアップしてゆく予定です
PR
【2012/02/23 17:38 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<孤立死 | ホーム | 幼児虐待はなぜ起こる? >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>